大椀 麻布着せ黒塗鶴丸 #2291

価格 : 16,200円
数量 :

カテゴリー : お椀泉山昭次

工房 :  泉山昭次さんの紹介

重さ : 150 g    直径 : 12.8 cm    高さ : 8.7 cm   

亀と並び長寿のシンボルとされる鶴を描いた鶴丸紋4.2寸椀。鶴丸紋と言えば古くから漆そして漆器の産地である岩手県の浄法寺のお椀として知られています。江戸時代のものが日本民藝館にも所蔵されていますが、そのお椀を民藝館でご覧になった泉山さんのお話を聞きながら、古くから伝わる伝統的な美しいものを昔ながらのテンションで現代に物作りされる泉山さんに作って頂こうとお願いしました。

お正月のお雑煮にぴったりのサイズで、春の訪れを告げるおめでたいお椀です。木地固めと言われる下地から最後の絵付けの工程まで、約30ほどの工程を丁寧に丁寧に踏んだお椀は、麻布で布着せがされているので丈夫で長持ちします。
※この商品は一点ものではございません。手仕事によるものですので多少の個体差がございます。ご了承頂けますようお願い申し上げます。

ご使用後は水やぬるま湯で洗い、柔らかい布巾で拭いて下さい。通常の汚れは洗剤を使わなくても綺麗になりますが、汚れがしつこい場合は洗剤をお使い下さい。
直射日光・紫外線を避けて下さい。
漆器に焼き物等の器を重ねるとキズの原因となります。
電子レンジ・食器洗い機のご使用はご遠慮下さい。

※実店舗「工芸喜頓」の陳列の都合上、オンラインショップ掲載の商品が店頭に並んでいない場合が多々ございます。店舗にてオンラインショップ掲載の商品をご覧になる場合は、大変お手数ですが事前にメール等にてお知らせ頂けますと幸いです。お店にてご希望の商品をご用意してお待ちいたします。
上に戻る