デキャンタ #717

価格 : 20,520円

カテゴリー : 酒器倉敷ガラス

工房 :  倉敷ガラスの紹介     作り手 : 小谷栄次

重さ : 430 g   

美しくぬくもりが感じられる倉敷ガラスのデキャンタ(酒瓶)。
550ml(八分目程度で)程度の容量が入ります。
持ち手はまるで腰に手を当ててポーズをとっている女性のようにも見えます。

デキャンタ本体のモール(ねじり)に反射した光、そして中に液体が入るとさらにゆらゆらと光が揺れて、何とも言えない美しさを発揮します。
手吹きガラスによる気泡やガラスの筋は、ガラスが固まるまでのほんの少しの時間の動きが感じられ手作り感が感じられます。
素材としてのガラスの美しさ。モールや筋が作り出す光の屈折。
どうぞ存分にお楽しみ下さい。
※お届けする商品は掲載している画像のものになります。

日々の暮らしで販売しているガラス商品は、一つ一つ手吹きで作られております。
手吹きガラスならではの気泡の入りや形成の際に生じるガラスの筋、左右非対称の形、底のガラス切断面、炭などの混入物は手吹きガラス、ハンドメイドの特徴としてご了承下さい。これらの理由での返品はお受けいたしかねます。

耐熱ガラスではありません。熱いものを注ぐと破損しますので御注意下さい。
食器洗い機、電子レンジはお使い頂けません。
※実店舗「工芸喜頓」の陳列の都合上、オンラインショップ掲載の商品が店頭に並んでいない場合が多々ございます。店舗にてオンラインショップ掲載の商品をご覧になる場合は、大変お手数ですが事前にメール等にてお知らせ頂けますと幸いです。お店にてご希望の商品をご用意してお待ちいたします。
上に戻る